www.riverviewleadershipcollege.com

-

-

自己破産手続きを検討する人で抱える負債に関してその保証人となる人が存在するときには、事前に連絡しておいたほうがいいでしょう。再度、強調したいのですが債務に保証人を立てている場合は破産宣告の前段階に少し検討しておかなければなりません。その理由は今あなたが破産申告をしてOKが出るとその人がその返済義務をまとめて負うことになるからです。だから、破産宣告の前段階であなたの保証人にこれまでの詳細や今の状態を報告しつつ、謝罪をしなくてはなりません。そういうことは保証人になるひとの立場に立つと不可欠なことです。債務者のあなたが破産の申告をすることにより自動的に高額の債務が回ってくるのですから。そして、以降の保証人である人の取れる道は次に示す4つです。まず1つめですがその保証人が「全額支払う」ということです。保証人がいきなり負債をポンと返金できるほどのようなカネを持っているならばこの手段が選択できるでしょう。でもむしろ、あなたは自己破産せず保証人となる人に立て替えてもらい、今後はあなたの保証人に月々の返済をしていくという手順も取れるのではないでしょうか。保証人があなたと信頼関係にある場合は、いくらかは期日を延ばしてもらうことも問題ないかもしれません。それにまとめて返済できなくてもローン業者も分割に応じるかもしれません。保証人に破産による整理を実行されると借金がすべて返らないリスクがあるからです。もし保証人があなたの返済額をすべてまかなう財力がない場合は、借金したまた同様に負債の整理を選ばなければなりません。続いては「任意整理」による処理です。この場合債権者と話し合うことによって5年ほどのあいだで完済していく方法です。弁護士にお願いするにあたっての費用の相場は債権者1社ごとに約4万円。7社からローンがあるなら約28万円いります。必要な債権者との示談は自分でチャレンジすることもできますがこの分野の知識のない方の場合相手が確実に有利なプランを提示してくるので、慎重である必要があります。任意整理をするという場合もその保証人に負債を立て替えてもらうことを意味するのですから借りた人は少しずつでもあなたの保証人に返済を続けていく必要があります。次の3つめは保証人となる人も債権者と同様に「自己破産をする」という選択です。保証人となる人も返済できなくなった人とともに破産手続きをすれば保証人の債務もなくなります。しかしながら、住宅等の不動産を持っているならばその財産を没収されてしまいますし法令で資格制限のある業務に従事しているならば影響は避けられません。そのような場合は、個人再生による手続きを活用するといいでしょう。では4つめの選択肢ですが、「個人再生をする」こともできます。土地建物等を処分せず債務整理をしたい場合や破産申し立てでは制限がかかる職務についている方に有効なのが個人再生による整理です。個人再生なら自宅は残せますし破産申し立ての場合のような職種制限資格にかかる制限が何もかかりません。

Copyright © 2000 www.riverviewleadershipcollege.com All Rights Reserved.