www.riverviewleadershipcollege.com

-

-

民事再生という選択は住宅のためのローンを含めて複数の債務に苦しめられている方のために、住んでいるマンションを維持しながら金銭管理において立ち直っていくための法による謝金の整理の処理方法としてはじまった解決方法です。この法律には、自己破産制度と違って免責不許可事由がありませんので、賭け事などで債務がふくらんだ場合でも手続きは取れますし、破産申告をした場合は業務できなくなる危険のある免許で仕事をされている方でも制度の利用が可能になります。破産申告ではマイホームを対象外にすることは不可能ですし、特定調停等では、やはり元金は支払っていく必要がありますので、住宅のためのローンも払いつつ払っていくのは多くの人にとっては困難だと思われます。ただし、民事再生を取ることができれば、住宅ローン以外の借金については場合において圧縮することが可能ですので余裕を持ちつつ住宅のためのローンを払い続けながらそのほかの債務を支払っていくようなこともできるというわけです。といっても、民事再生という手段は任意整理や特定調停といった処理とは異なって一部の債務だけを省いて手続きを行うことは無理ですし破産手続きの際のように借金そのものが帳消しになるわけでもありません。また、他の解決手順に比べ手続きの手順がめんどうで時間が必要ですので、住宅のためのローンがあり住んでいる家を手放すわけにはいかないような場合等を除き自己破産などのそれ以外の整理ができない時の最終的な手段と考えるのがいいと思います。

Copyright © 2000 www.riverviewleadershipcollege.com All Rights Reserved.